台湾語と中国語の違い

台湾語と中国語の違いを説明!台湾で通じるのはどっち?記事一覧

台湾の共通語は台湾語だと思っていませんか?わたしも中国語を勉強する前はそう思っていました。台湾では台湾語ではなく中国語が共通語として使われています。違いをわかりやすく説明していきます。台湾語は福建語と似ている言語です。以前はこの言語を使っていました。政治の話はここでは詳しく書きませんが、明治時代以降に台湾語が日本語になり、1945年以降中国語になりました。ここで言う中国語は普通話であり北京語のこと...

台湾語と中国語の違いを調査しました。調査と言っても台北旅行で通じるのがどっちかということ。まず聞き耳を立てました。ほとんど中国語を話しています。それ以外の言葉は耳に入ってきても判断できないのでそれが台湾語なのか客家語なのか正確にはわかりません。しかしほとんどが中国語です。例外として地下鉄(MRT)のアナウンスは台湾語の案内もあります。これは聞き取れるわけではないけど、中国語と英語と台湾語で説明して...

台湾語と中国語のどっちを勉強すべきか?このときにまず思うのは台湾で話されている言葉を台湾語と思っているのではないかということ。これは中国語を初めて勉強する人や台湾に行ったことがない人はそう思っている人も多いです。わたしも中国語を勉強する前は同じことを思っていました。日本で話されている言葉は日本語なのでそう思うのも仕方ないと思います。しかしこれをきっかけに世界の多様さを知るきっかけにもなりました。こ...

日本で台湾語を勉強するのが難しい3つの理由を紹介します。台湾語のテキストが少ない本屋に行くと中国語のテキストは以前と比べて増えてきました。英語に比べるとまだ少ないですが。台湾語のテキストを見るとゼロではありませんがわずかです。台湾語を教える人が少ない台湾語を教える先生はなかなか見つかりません。それ以前に台湾語を話すことができる人が圧倒的に少ないです。台湾語を話す機会がほとんどない中国語は話す機会が...

台湾語はGoogle翻訳できるのかという疑問が湧いてきました。そして実際に調べると約100の言語に翻訳できるGoogle翻訳にも台湾語はありません。スマホやパソコンでの翻訳の可能性は低いですね。それだけマイナー言語だということがわかります。ちなみに中国語は簡体字と繁体字の両方に翻訳できます。

台湾語と中国語を日本で勉強するなら断然中国語をおすすめします。理由は台湾の共通語は中国語だからです。しかし一部の例外としてこんな人は台湾語を勉強した方がいいと思います。台湾南部にお嫁に行く場合台湾南部で地元に密着した仕事をする場合台湾語を趣味として勉強する場合こんな人はじっくり台湾語を勉強しましょう。

中国語の他の言い方をチェックしましょう。同じ意味でも「どこで」「誰が」言うかによって変わります。中国語の言い方中国語(日本で)中文(中華圏で)普通話(中華圏で)北京話(中華圏で)漢語(主に中国で)華語(主にシンガポールで)台湾中国語(日本で)台湾華語(日本で)国語(台湾で)Mandarin(英語で)Chinese(英語で)チャイ語(日本の大学生の中で)これらはほぼ同じことを指しています。特に台湾中...

中国語には簡体字と繁体字があります。日本語の漢字は画数からいうとちょうど真ん中です。画数簡体字<日本語<繁体字使われている文字の地域はこのように分かれています。簡体字:中国大陸、シンガポール繁体字:台湾、香港台湾語が話される台湾南部も繁体字の文字の看板がたくさんあります。しかし台湾語は話し言葉の側面があるためぴったり当てはまる漢字が無いのも特徴です。

page top