台湾で中国語で「ありがとう」というとテキストにない「どういたしまして」の返事が

台湾がよく使う「どういたしまして」の中国語

中国語を日本でテキストで勉強していると「ありがとう」「どういたしまして」というフレーズが出てきます。

 

  • ありがとう:謝謝
  • どういたしまして:不客気もしくは不用謝

 

しかし台湾に行ったときは違いました。違うというよりいつも使う言葉が違うんです。

 

上記の「どういたしまして」でも通じます。しかしどことなく地元っぽくない。

 

では台湾人たちは何と言っているのか。

 

  • ありがとう:謝謝
  • どういたしまして:不会

 

これです。最初は何を言っているのかわかりませんでした。日本でこのやり取りは聞いたことがなかったし、教科書やテキストには載っていません。これが多様性のある中国語を感じ始めた最初の一歩でした。ここから言葉の多様性のおもしろさにのめり込んでいきました。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top