行定勲監督のアナザースカイは侯孝賢の台湾映画のあるところ

行定勲監督のアナザースカイは侯孝賢のいる台湾

録画に撮っていた2017年9月29日のアナザースカイを見ました。行定勲監督がゲストで行き先は台湾。どんな台湾が見れるか楽しみにしながら始まりました。

 

番組の中では台湾の侯孝賢の台湾映画に影響を受けたということが何回も繰り返しいわれていました。わたしも侯孝賢の映画を何本か見ています。共感するところが多く五感で撮る映画が好きです。

 

映画を見て退屈だと捉える人も多いと思います。しかしそれを自然さと捉える人にとっては人間の日常の思考を蘇らせるいい映画なんですよね。

 

特に背景から入る映画のカットの場面は、普段よく頭の中で流れている風景なんです。最近のヒットしてしている日本のアニメにもよく取り入れられていますよね。

 

今回のアナザースカイは大好きな台湾と大好きな台湾映画に視点を合わせた行定勲監督の回でした。これから行定勲監督の映画を見るとさらに深く楽しめそうです。

 

そして番組でも言っていましたが行定勲監督は多国籍に映画を撮っています。これっていいですよね。映画を武器に世界に出ています。行定勲監督も中国語を勉強すればいいのにと思いました。テレビの中の「謝謝」の発音でだいたいのことはわかりました。

 

このブログを読んでいる人も武器を持って海外に出るといいですよ。武器というのはオリジナルの個性のことです。個性があると出会いがあります。出会う人もそれを楽しみにしているはずです。番組に出ていた世界的にすごい腕を持っている台湾人の映画の音声さんのように。

 

台湾映画が好きな人はこちらも読んでみてください。

 

台湾映画で中国語を勉強

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top