アジアをグローバルに飛び回ろう

「グローバルに動く者は、おのずと英語が使えるようになる」と堀江貴文さんも英語の多動力の本の中で言っています。

 

わたしも会った人はアジアをグローバルに飛び回る人は自然と中国語が上手くなっている人が多いです。

 

「必要」が先でその後「集中」して「勉強」する順番の人が多いです。

 

  1. 必要
  2. 集中
  3. 勉強

 

逆に必要度が低い人は勉強が継続しない人が多いですね。

 

グローバルに飛び回る人は自然とこの「必要」が手に入る人なんですよね。

 

関連記事:英語の多動力の中国語版を考えた


チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語

新鮮な中国語の動画と記事を配信!
五感を常に刺激
感覚刺激中国語



おすすめ記事9選
勉強
英検と中検の受験人口を比較
本屋にある中国語テキストの選び方
中国語の方言が気になるときはまずは分布図をチェック
仕事
リクルートの人に中国語転職状況を聞いてみた
あなたの強みを無料診断でチェック
台湾
鉄道で台湾一周旅行したときの話
台湾の「映画」「ドラマ」を見よう
読書
メルカリ読書術で中国語の勉強
漫画を読んで中国語の勉強に活かす方法

スポンサーリンク
TOPへ