中国語の多動力!ホリエモンを見習ってテキストを捨て旅に出よう

英語の多動力が中国語の参考になる

堀江貴文さんの「英語の多動力」の本を参考に書いています。

 

ちなみにこの本には中国語のことは書いてありません。

 

しかし中国語の勉強になることがたくさん書いてあります。

中国語も同じ!旅へ出よう

本の中には「準備なんか要らない。書を捨て、町に出よう」と書いてあります。寺山修司さんのフレーズですね。わたしも好きです。

 

中国語も同じ。町に出ましょう。旅へ出ましょう。準備をそこそこでいいんです。わからない経験や不安な経験がその後中国語を勉強するときの集中力につながります。

 

関連記事:「英語の多動力」を中国語に応用した記事一覧

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top