シンガポールでのブラックコーヒーの注文は英語でも中国語でもなくマレー語で

シンガポールのホーカーでのブラックコーヒーの注文はマレー語で

シンガポールでコーヒーを普通に注文したら甘いコーヒーが出てくることがあります。スターバックス以外のシンガポールのローカル(庶民)の場ではちゃんとブラックコーヒーで砂糖とクリーム無しということを伝えなければなりません。

 

シンガポールにはスターバックスコーヒーもおしゃれなカフェもあります。そこでは英語でBlack Coffeeと言えばだいたい通じます。

 

しかしローカルのシンガポール人が普段行くホーカー(フードコート)では通じないときがあります。スターバックスが5ドルでホーカーのコーヒーは1.5ドルくらいです。ドルはシンガポールドルです。今だいたい1(シンガポール)ドル=90円くらいなのでスターバックスが450円でホーカーのコーヒーは135円くらいです。

 

スターバックスのコーヒーは日本で飲むスターバックスのコーヒーと同じです。ホーカーのコーヒーはシンガポール独特の入れ方で味は違いますがおいしいコーヒーです。

 

シンガポールローカルのコーヒー注文方法を紹介します。

 

Black Coffee, please.(英語)
黒咖啡(中国語)

 

どちらも通じないときがあります。そんなときは「KOPI O KOSON(コピオコソ)」と言って注文します。マレー語です。

 

KOPI:コーヒー
O:ミルクゼロ
KOSON:砂糖ゼロ

 

なので

 

KOPI Oはミルク無しの砂糖が入ったコーヒー
KOPI KOSONは砂糖無しのミルクが入ったコーヒー

 

この表現はマレー語です。シンガポールにはマレー文化や言葉もあります。たまにこのマレー語に出会うとチンプンカンプンになります。シンガポールでは公用語を英語としていますが国語はマレー語です。なので今でもマレー語は話されているのです。

 

コーヒーが好きでいつもブラックコーヒーを飲むのでホーカーで注文するときはシンガポール人と同じようにKOPI O KOSON(コピオコソ)と言えるようになりました。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

page top