シンガポール人と交流すると多言語脳が刺激される

短期の仕事でシンガポールに行ったときの話です。

 

シンガポールの語学学校に行くわけでもなく留学するわけでもないのに中国語がどんどん上達しました。

 

ローカルのシンガポール人としか会話していないから上達したんだと思います。会話するときはもちろん中国語です。

 

中国語を表現するときにいろんな種類があります。

 

  • 中文
  • 漢語

 

日本で勉強しているときはこのどちらかを使っていました。シンガポールでは「華語」といいます。わたしが中国語を話していてネームプレートを見て日本人だとわかると必ずこう言ってきます。

 

「中国語を話せるの?」

 

シンガポールで中国語のことを漢語や中文と言う人がいないのをこのとき知りました。新鮮でした。

 

シンガポール人の多くが中国語を話すのですが100%ではありません。この内訳が非常に興味深かったです。

 

例えば高校生の子供は中国語を話すのにそのお母さんは中国語を話せない。

 

どこから見てもアジア系の顔をしているのに

 

I can not speak Mandarin.

 

という人もいます。

 

中国語の英語表現もChineseではなMandarinと言います。

 

逆に青い目をした欧米人なのに流暢に中国語を話す人もいます。

 

中国語を話しているのに独特のリズムで話すのでまったくわからない中国語を話す人もいました。割合にして70%以上の人が中国語を話すのですが話せない30%の人の分析も興味深いです。

 

仕事中はシンガポール人と話さなければならず話すときは中国語を使っているので中国語力も伸びました。

 

語学教室に行くよりも現地の学校に留学するよりもいい勉強方法かもしれません。

 

違うメリットがあるはずです。


中国語単語メルマガ
詳細はこちら>>
無料メルマガ

 

1日10単語合計500単語配信します。号外もこちらから配信します。

TOPへ