シンガポール旅行の出会い!中国語会話をしながら社会勉強

シンガポールの中華街の思い出

シンガポール旅行での縁があった話です。いい出会いは旅の醍醐味ですね。

 

シンガポールに数回行くようになり少しづつ人の縁がつながり知人友人もできてきました。

 

人の縁とは不思議なものでどこでどうつながり会話が始まるかわかりません。

 

そんなときにこのシンガポールでは中国語が大活躍します。以前話したようにシンガポールに中華系の人は70%以上います。この人たちと話すにはやはり中国語が便利です。

 

そうは言ってもいきなり地元ローカルのシンガポール人と仲良くなるきっかけはなかなかありません。

 

そこでシンガポールに住んでいる日本人の友達が縁をつなげてくれました。

 

この日本人の友達は中国語がきっかけで中国語を勉強するコツを教えていて仲良くなりました。

 

シンガポールに来たら一緒にご飯を食べましょうと言っていたのが実現しました。

 

チャイナタウンでシンガポール人と中国語で会話をしました。日本人の友達との待ち合わせはシンガポールのチャイナタウンにある中華料理のお店です。

 

シンガポールでも評判の安くて美味しい店でいつも混んでいて繁盛しているそうです。中国語が活躍するお膳立てをしてくれました。

 

  1. チャイナタウン
  2. 中華料理店
  3. ローカルのシンガポール人と会食

 

ホップ・ステップ・ジャンプのような流れです。

 

シンガポール建国前の話を中国語で聞くことができました。

 

ローカルのシンガポール人は80代後半の女性とその娘さん。

 

シンガポールに来たのは1951年と言っていました。シンガポールは建国50周年が過ぎました。1965年に建国したので1951年はまだ国としてのシンガポールではなく地名としてのシンガポールです。

 

北京出身で深セン経由で来たそうです。貴重な話でした。娘さんはシンガポーリアンらしくあらゆる言語を操っていました。アメリカに留学していたこともあるそうです。

 

自分でも予想できない出来事が風が運ぶようにあるとき急にやってきます。この日もそうでした。

 

シンガポールのチャイナタウンで食べた美味しいお店の老板(オーナー)は中国の東北訛りのR化音の中国語でした。

 

いろいろミックスされたシンガポールを中国語で楽しんだ1日でした。

 

関連記事
シンガポールの100枚の写真

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

中国語を勉強するメルマガ!
1日10単語合計500単語配信
無料メルマガ

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top