ゼロからの介護関連の中国語勉強方法

少子高齢化で介護に関する悩みが増加しています。これは日本だけの問題ではなく近隣諸国も似たような問題を抱えています。

 

中国語ネイティブの友達と会話しているときにこの会話になることもあるでしょう。日本に住む外国人が問題に直面することもあります。自分の家族がお世話になる介護士が外国人になるケースも増えてくるかもしれません。

 

そこでまず中国語関連単語を勉強するコツを紹介します。

 

ちょうどこんなコメントがきました。

 

 

ふと中国では介護はどのような感じなんだろうとネットでHPをいくつか見てみたのですが、中国語(特に単語)が分からず、結局読めませんでした・・・。

 

調べてみると、日本の自治体のHPには、外国人向けに介護保険はどのように申請するか英語や中国語で書かれていました。

 

政府は日本人だけでは介護業界で働くには人手不足だから、外国人の受け入れをスタートしていますよね。

 

わたしも興味あるので、介護についての中国語を勉強してみたいなって思いました。


 

これから必要とされる人材はこんな人だと思います。日本でも活躍できるし、もちろん中華圏でも活躍できます。この分野を極めていけば仕事もたくさんあり求められる人材になるはずです。

 

介護×中国語

介護関連の中国語を勉強する10のステップ

まずは上記のように日本の自治体のホームページで介護関連の日本語のサイトを探しましょう。書いてある通り最近は英語や中国語での表記も増えてきました。

 

ここで気になる日本語単語を1つ選びます。そして次にその中国語単語を中国語表記から見つけます。

 

介護関連の中国語単語がわかったらその単語を中華圏の検索エンジンに入力します。

 

するとその介護関連の中国語単語に関する記事が検索結果に出てきます。

 

これを繰り返しやっていると自然と中国語や中華圏の介護事情が頭に入ってくるはずです。日本と同じ点や違う点も比較できます。

 

勉強する順番を整理するとこうなります。

 

  1. 日本の自治体の介護関連のホームページを検索
  2. 気になる介護関連の日本語単語を選ぶ
  3. 中国語の翻訳ページを見る
  4. 日本語単語に対応する中国語単語を探す
  5. 「百度」や「ヤフー台湾」で中国語単語を入力
  6. 中国語記事を読む
  7. 1から6を繰り返す
  8. 介護関連の中国語に詳しくなる
  9. ネイティブとの会話に深みが出る
  10. 求められる人材になり仕事探しの幅も広がる

 

仕事を探すときはこちらで相談するといいと思います。

 

中国語関連の仕事を探す方法

 

これから介護に関する話題は増えることは間違いないですね。


中国語単語メルマガ
詳細はこちら>>
無料メルマガ

 

1日10単語合計500単語配信します。号外もこちらから配信します。

TOPへ