英検と中検の受験人口を比較!中国語の狙い目語学はまだ続いている

英検と中検の受験人口を比較

中国語を話せるとオリジナリティ度が上がります。

 

徐々に中国語を勉強する人や話せる人も増えていますが英語と比べるとそれは微々たるもの。

 

そこで英検と中検の受験人口を比較してみました。

 

英検の受験人口
英検受験人口

 

中検の受験人口
中検受験人口

 

英検の受験人口は1年間で約360万人。

 

中検の受験人口は1回で約1万人。年3回開催されるので単純計算で3万人です。

 

ざっくりした計算ですがこのようになります。

 

受験人口(1年間)


英検:360万人
中検:3万人

 

もう倍率を出すのもどうでもよくなりますが中国語に比べ英語は120倍も競争が激しいんですよね。

中国語の需要は逆に英語より増えている

しかも近年、中国語の需要は伸びています。

 

参考記事:訪日外国人の80%以上はアジア

 

2017年の訪日外国人のデータを見ても一目瞭然です。

 

さらに越境ECも中国やアジアとの関わりが増加しています。

 

英語の需要よりも中国語の需要の方が伸びているけど、人材が追いついていない状況です。

 

  • 語学を活かして日本で仕事をしたい人
  • シンガポールなどアジアで仕事をしたい人

 

こんな人には中国語はオリジナリティ溢れるアイテムになります。

 

みんながこの事実に気付いたときは中国語の受験人口が爆発的に増えそうです。

 

中国語を勉強するのは受験人口が少なく需要が増加している今が狙い目ですよ。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top