中国語を活かせるかは会社が決めるので自分で低評価してはいけない

中国語を活かせるかは会社が判断する

中国語を勉強して話せるようになってから仕事探しをしようとする人がいます。

 

オーソドックスな方法です。

 

しかし採用側からすれば「すぐにでも働いて欲しい」と思っていることがよくあります。

 

中国語を活かせるかは会社が決めます。

 

自分は「まだできない」と思っている人が多いですが、自ら低評価してはいけません。

 

採用側はこんなことを思っています。

 

  • カタコトでもできる人材が欲しい
  • 日本語で商品知識や業界の知識があればそれに加え少し中国語を話せる人を求めている
  • これから中国語の語学力を伸ばしたいという人に任せたい

 

もちろんすべてではありません。しかし資格は二の次という企業も実際に多いです。

 

これはどこでわかるかというと面接でわかります。

 

最近は面接の前の転職エージェントに質問すればマッチングした仕事を見つけてくれます。

 

そうなんです。

 

仕事はマッチングなんです。

 

恋愛にも似ていますよね。

 

もし中国語を活かせる仕事を探していたら自分の要望と企業の要望をマッチングさせましょう。

 

マッチングなので1人では解決しません。

 

あなたの中国語力も企業が判断してくれます。

 

自ら低評価し過ぎないように注意しましょう。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

中国語を勉強するメルマガ!
1日10単語合計500単語配信
無料メルマガ

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top