英会話教室で英語を勉強したあとは中国語をマスターしよう

英語と中国語の需要と供給を比較

英会話教室で英語を勉強した人に会いました。

 

そしてこんなことを言っていました。

 

「英語は話せるようになったけど仕事はないね。仕事探しにプラスになると思っていたのに。。。」

 

英語と仕事を数字で見るとよくわかります。

 

英語を話す日本人:多い
英語を活かす求人:少ない

 

では中国語を見るとどうでしょうか?

 

中国語を話す日本人:少ない
中国語を活かす求人:多い

 

中国語を話す日本人はまだ少ないです。

 

需要と供給を分析するとわかります。

 

訪日外国人の増加しています。そしてインターネットの普及で越境ECの発展により日本企業のお客さんが中華圏の外国人になっていっています。収益を伸ばしている企業も増えてきました。株価市場を見るとインバウンド企業とかインバウンド銘柄と呼ばれています。

 

中国語を活かす仕事が増えているのは納得です。

中国語を活かす仕事をしていると英語とつながる

中国語をマスターして仕事に活かすとそこに英語の仕事もあることが実は多いです。

 

わたしも中国語を話すようになって英語の仕事が巡ってきました。英語だけではライバルが多く英語が上手な日本人もたくさんいるから競争が激しいんです。

 

会った人に「中国語を勉強するといいよ」と伝えました。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

中国語を勉強するメルマガ!
1日10単語合計500単語配信
無料メルマガ

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top