2020東京オリンピックと強みを結びつける

2020東京オリンピックで中国語を活用したい人も多いと思います。具体的な活用がまだ決まっていない人はオリンピックに関することで何か強みを持ちましょう。

 

「強み」✕「中国語」✕「オリンピック」

 

掛け算で活躍しやすくなります。難しく考えないで何かに詳しいというのもありですよ

2020東京オリンピックと中国語の接点

強みから探すのもひとつの方法ですが需要と供給のバランスを考えると遠回りになることもあります。

 

まずは需要があるかどうかを見極めましょう。

 

2020東京オリンピックでの中国語の需要です。

 

今回は競技種目に絞って考えていきます。競技種目以外にも絞る方法はあるのでそれはそれぞれ絞っていってみてください。

2020東京オリンピックで中国語の接点のある競技種目

2020東京オリンピックで中国語の接点のある競技種目を考えるときのポイントはこちらです。

 

日本選手がメダルを狙える種目
中華圏の選手がメダルを狙える種目

 

この両方の条件がある種目がオリンピックで中国語がより活用できます。

 

日本選手だけが強くても中国語の活用の場は少ないし、中華圏の選手が強く日本選手が弱い場合はテレビ放送すらされない場合があります。

 

今までのオリンピックでもすべての種目が放送されたわけではありません。

 

ではどんな種目がこの2つの条件を満たすのか?

2020東京オリンピックで日本選手と中華圏の選手がメダル争いする種目

2020東京オリンピックで日本選手と中華圏の選手がメダル争いする種目はズバリ「卓球」です。

 

他にも探せば出てくるかもしれません。探したらそれは穴場なのでそこを攻めるといいと思います。ボランティアでも仕事でもすぐに決まるかもしれません。

 

代表的な注目種目は卓球です!

 

これは日本選手と中国選手がメダル争いをするのは確実です。日本選手が男女とも育ってきました。世界でも通用する選手が出てきました。

 

卓球の日本選手に詳しい人はいるかもしれません。しかし中国選手に詳しい人はまだ少ないと思います。

 

今からでも情報を仕入れてゼロから詳しくなることができます。これがあなたの「強み」に変わっていきます。

2020東京オリンピックで中国語を活用するコツ

2020東京オリンピックで中国語を活用するゼロからのコツを順番にまとめるとこうなります。

 

  1. 日本選手がメダルを狙える種目を探す
  2. 中華圏の選手がメダルを狙える種目を探す
  3. 1.2.の情報に詳しくなる
  4. 情報が強みになる
  5. 仕事やボランティアや話題づくりに活用しやすくなる

 

ぜひ2020東京オリンピックで中国語を活用してみてください。


中国語単語メルマガ
詳細はこちら>>
無料メルマガ

 

1日10単語合計500単語配信します。号外もこちらから配信します。

TOPへ