2020東京オリンピックで英語を使う人ほど中国語の必要性が高まる

もうすぐ2020東京オリンピック

2020東京オリンピックが来るのをワクワクしている人も多いと思います。

 

仕事で関わる人、ボランティアをする人、たくさんの人がオリンピックに関わるはずですね。

 

外国人もたくさん日本に来るので楽しみですよね。

 

すでにいろんなところで話題になっています。日本の良さがこれをきっかけに広まっていくでしょう。

東京オリンピックでは英語だけで大丈夫?

英語を話せるから大丈夫と思っている人はいませんか?

 

もちろん英語はオールマイティーな外国語として活躍します。

 

しかし外国人は英語を話せる人ばかりではありません。

 

【一般的】
外国人と接する人=英語ができる人

 

こんな人材の配置方法が取られると思います。

 

メディアなどはもっとしっかりと言語別に人材を配置しますが一般的なところでは人材が不足します。なので英語ができる人が配置されるはずです。

 

ここで問題が発生するはずです。

 

「英語が通じない!」

 

これはやってみないとわからない話ではなく予想できる問題です。

訪日外国人の国地域別内訳

現在の訪日外国人の国地域別内訳を見ればわかります。圧倒的に中華圏が多く、その次に多いのが韓国人です。

 

現場では英語を使う人ほど中国語の必要性が高まることは予想されます。

 

仕事内容にもよりますが中国語を流暢に話せるレベルでなくとも少し話せれば問題解決します。「おもてなし」もできます。それを英語で「わたしは中国語を話すことができません」を連呼していては日本の印象も悪くなります。

 

少し話せればコミュニケーションができトラブルも起きにくいでしょう。逆の立場になればわかります。日本人が外国へ行き日本語が通じない場所でカタコトでも話せる人がいたら「ほっ」としますよね。この効果があります。

 

【理想的】
外国人と接する人=複数の外国語ができる人

 

カタコトでもいいのでこんなマルチな人がオリンピックで求められています。

中国語を短期でゼロから習得するには

そんなこと言っても「中国語は発音が難しいんでしょ」と言う人が多いですよね。そんな人のために作ったのが100語で話す上達実感中国語です。

 

30項目の作業をしていくだけで中国語のカタコトが話せるようになります。時間は1日あれば習得できる内容です。

 

なんだったら2020東京オリンピックの必須マニュアルの中に入れてもらいたいくらいです。事前研修でこれをやると日本の印象アップにつながるはずです。企業でも留学生のアルバイトだけに頼らず役職のある偉い人ほど身に付けた方がいいスキルです。

 

東京オリンピックで英語を使う予定の人は特に100語で話す上達実感中国語はおすすめですよ。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top