サッカー元日本代表の川島永嗣の7カ国語習得方法を中国語に活かそう

サッカー元日本代表のゴールキーパー川島永嗣さんの外国語習得方法

サッカー元日本代表のゴールキーパー川島永嗣さんは7カ国語話せるそうです。

 

その経験を活かして今はスポーツと語学を融合させたプロジェクトを進行中です。

 

例えば
英語が学べるサッカースクール
中国語が学べる卓球スクール

 

体を動かしながら実際に必要なことを学ぶので記憶に定着しそうですね。

 

川島永嗣さんの語学のことが書いてある記事はこちら

 

この習得方法を中国語に活かしてみましょう。

 

ポイントを簡潔にまとめるとこんな感じです。

 

  • 英語だったら中学の基礎で充分に話せる
  • 型を身に付ける
  • 型の単語を入れ変える
  • 繰り返し話す
  • 話す環境に身を置く

 

このブログで言っていることと似ています。

 

どんな外国語でもコツは同じようです。

 

なので川島さんも多言語を学ぶことをおすすめしていますね。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

page top