中国語を使う仕事をするときのライバルは誰なのか?転職を考える人へ

中国語を仕事で使うときのライバル

中国語を使う仕事をするときのライバルは誰なのか考えたことがありますか?今中国語を勉強していて転職を考える人はイメージしてみてください。

 

すぐに思いつくのは同じく中国語を勉強している日本人ですよね。しかし実際に現場に行くとこのパターンはあまり多くありません。

 

現場に行くと多いのは日本語を話せる中国語ネイティブの外国人です。この人たちがライバルです。「この人たちよりもわたしに仕事を任せて」とアピールしなくてはいけません。

 

そしてさらに勢いを増しているのはAIです。

 

AIで世の中が便利なると思っていたら仕事がいつの間にかなくなるかもしれません。

 

ではどうしたらいいのか?

 

AIにできないことをやりましょう。語学の分野は知識はAIに勝てません。しかし語学だからこそAIより勝る分野もありますよね。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

page top