中国で11月11日が独身の日になり買物の日になった理由と変遷

中国語の双十一の意味と由来

中国語の双十一の意味を知っていますか?

 

中国ではすっかり有名になった11月11日のイベント。こんな表記もよく見かけます。どれも同じ日のことです。

 

光棍節
双十一
双11

 

これが独身の日になり買物の日になりました。理由と変遷をチェックしていきましょう。

 

1990年代に中国の大学生が始めたらしい

光棍の光る棒は独身という意味でもあり自虐的に独身者を祝う日に11月11日にイベントを開き始めました。「1」はシングルである独身者を表す意味にも用いられることから双十一とも呼ばれるようになりました。

 

これが急速に広がりこの日に1人で居たくない人たちが集まるようになります。日本在住の中国人留学生の友達はこの日になるとメールも増え電話もたくさん掛ってくると言っていました。

 

アリババがセールを始める

中国の大手通販会社のアリババがここに目を付けセールをするようになりました。最初は知る人ぞ知る小規模なセールだったといいます。しかしアリババの成長、通販業界の成長が相乗効果となり、この日の取引額が年々増加していきます。そしてアリババだけでなく中国全土の通販業界がセールを行うようになりました。今では1日の取引額が数兆円になるそうです。

 

ヤフージャパンも追随

Yahooのトップ画面を見ると11月11日は買物の日となってヤフーショッピングがセールを行っています。このセールの勢いに乗ったようです。双十一は独身の日から買物の日に変化しています。独身者だけでなく買物をこの日に安くしようという人が増えてきました。

 

中国語を勉強している人へ
ネイティブとの会話の場面の話題に出てくるかもしれません。双十一は発音できるようにしておきましょう。仕事で中国語を使っている人は双十一の前後は大忙しかもしれませんね。買物の日だけではないことを知っておくといいと思います。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top