ポケトークを越える中国語力とは

ドラえもんの翻訳こんにゃくのような機種が発売になりました。

 

ポケトークは日本語を言うと外国語に音声が変換され、外国語を言うと日本語に音声が変換されます。ソースネクストという企業が発売しました。

 

その翻訳対応言語はなんと50言語以上です。

 

 

50言語以上を話そうとしたらどのくらい勉強したらいいのか?とても追いつきませんよね。

 

このブログを読んでいる人は中国語を勉強しているはず。

 

これからは基本的なことは機械がやってくれます。すでにiPhoneのアプリも便利なものが多いですよね。

 

基本的なことはどんなことかというと、辞書的なことです。

 

ということはこれから必要になる人間ができることは何か考えてみました。

 

  • 感情
  • タイミング
  • 個性
  • 専門性
  • コミュニケーション

 

こんなことだと思います。以前ブログでも書いた強みと中国語を結び着ける話です。

 

基本的な中国語をマスターした上での話ですが、基本を勉強しているときも頭の片隅に翻訳こんにゃくにできない自分にできることを考えておきましょう。

 

便利さはこれからさらに加速します。AIの時代です。しかし大事なものも変わらずに確かにあります。


中国語単語メルマガ
詳細はこちら>>
無料メルマガ

 

1日10単語合計500単語配信します。号外もこちらから配信します。

TOPへ