世界の5人に1人は中国語を使用!苦手が通用しなくなる時代に

世界の5人に1人が中国語を使用

語学といえば「苦手」という返答がすぐに返ってきます。

 

しかしここ数年で人の動きが激しくなっています。

 

中国が経済成長し外国へ旅行をするようになり、インターネットも発達しどこの国の商品でも購入可能な時代です。

 

国境はいまだにありますが数年前に比べると心の壁は低くなり物も流通するようになりました。

 

中国の人口は13億人といわれ中華圏の人口は16億人とも言われています。そのほとんどが中国語を使っています。広東語など普通話が第一言語ではない地域もありますがテレビや新聞やラジオからは普通話が流れ、多民族の共通言語として普通話を話している地域が多くあります。

 

普通話での文字を理解しないとインターネットも使用できません。通販サイトが業績を伸ばしていますが文字を理解する人が利用しています。

 

世界の人口は70億人を越えました。その5人に1人が中国語を使用している。そしてインターネット上では国境がないことを考えれば、「苦手」という言葉が通用しなくなる時代になっていくでしょう。

 

そのうちに会社の書類やメールの一部が中国語表記になることも考えられます。英語が日本語にミックスされているように。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

中国語を勉強するメルマガ!
1日10単語合計500単語配信
無料メルマガ

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top