古坂大魔王のアナザースカイは台湾!ピコ太郎を越えるには中国語だ

古坂大魔王のアナザースカイは台湾

ピコ太郎で有名になった古坂大魔王さんのアナザースカイは台湾でした。テレビの中から台湾の風景が流れてきました。

 

これまでの録画映像では中国語ができなくても台湾人がピコ太郎に合わせてくれていました。apple、penなど英単語も簡単なので歌いやすいですよね。

 

いつもブログで言っている個性と中国語の関係を思い出しました。個性の部分が突き抜けた具体例です。人気がすご過ぎて番組内では中国語の必要性が出てくる場面はありませんでしたが、これからさらに台湾で活躍するとしたら中国語を話せたらいいかもと思いました。

 

古坂大魔王のキャラのひとつがピコ太郎です。同一人物だけどあくまでもキャラ設定しているようです。番組内では古坂大魔王のライバルはピコ太郎だと本人が言っていました。それだけピコ太郎の人気が自分の思わぬところで爆発したのでしょう。

 

ピコ太郎を越えるには中国語ができたらまた世界が広がりそうです。

 

有名人ももしかしたらメルマガを読んでいるかもしれません。確認することは無いので未確認ですが可能性はありそうです。なんとなく台湾に行く芸能人が増えてきたような気がします。そしてその芸能人はアジアを見据えているようです。

 

これからはアジアだ!とみんながなる前に中国語をマスターした方がいいと思います。先行者利益、ファーストペンギン、思い立ったが吉日、どれもみんながやらないうちにやることです。これを読んでいるあなたも中国語を勉強するなら明日からより今日からがおすすめです。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top