中国語検定とHSKはどちらがおすすめ?

台湾に住んでいる人から質問が来ました。将来はアジア圏で仕事をしたいそうです。

 

 

中国語検定とHSKと台湾の資格どれがおすすめ?
理由は?


 

これは中国語の勉強が進んでいくと1度は考える問題かと思います。

 

仕事に資格が必要が調べてみる

必要な場合はどの資格が必要なのか見えてきます。仕事が具体的でない場合は資格選びも漠然としてきます。

 

仕事には資格よりもアピールが必要なことも

省庁や自治体は資格が応募資格になっているかもしれません。しかし中国や台湾やシンガポールなど海外で仕事を探す場合資格よりも実力を重視するところも多いです。

 

実力が上がる資格

資格を取得する場合は実力が上がる資格を目指してみてはいかがでしょうか。どの資格もこの点では似たり寄ったりなので、自分で資格をどう活かすかがポイントになってきます。

 

オーソドックスな答えはHSKです。しかし、中検でも通用することもあるし海外では資格を重視されず実力勝負になることもよくあります。

 

別の視点で見ると、実力をどうアピールするか考えたら語学がおもしろくなりますよ。

 

関連記事
中国語検定とHSKと就職


チェック
3つのオリジナル教材

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

開始レベル:本当にゼロからの人向け
到達点:1分間自己紹介
学習時間:10分×30項目=300時間
体感価格:セミナーより安くて実践的
必要なもの:スマホ
代表的な感想:ゼロからなのに本当に話せるようになった(Mさん)

まずは中国語が話せることを実感。初心者はここからスタートするのがおすすめです。これが継続できるやる気につながります。

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
毎日の学習で習慣化
習慣デザイン中国語

開始レベル:ゼロから少し勉強をしたことがある人まで
到達点:中国語検定3級レベル
学習時間:90日間
体感価格:毎日1時間の勉強を考えれば破格
必要なもの:「快速マスター中国語」のテキスト
代表的な感想:中国語の勉強が習慣になりさらに楽しくなった(Zさん)

市販のテキストを元に中国語の骨格を身につけます。昔も今も変わらない基本です。

動画と記事で記憶に残る勉強をしよう!
感覚を刺激して心を動かす
感覚刺激中国語


開始レベル:ゼロから話せる人まで
到達点:興味の向くままにどこまでも
学習時間:1回3分程度の動画や記事を見て後の学習は無限大
体感価格:1カ月ワンコインで10回以上配信。
必要なもの:やる気とスマホ
代表的な感想:予想以上に脳が刺激される(Nさん)

新鮮な中国語の動画とインターネット記事を配信。ニュースや最新の話題で感覚を刺激します。

TOPへ