中国語を勉強で新鮮さを失ったときの対処法

中国語を勉強して数年が経ち新鮮さを失っている人はいませんか?

 

「あの頃は何でも吸収していたのに。。。」と思っている人もいると思います。

 

最初はわからないなりにがむしゃらなんですよね。

 

もうあの頃には戻れないけど対処法はあります。

 

この3つがおすすめですよ。

 

知らない街に行く

中華圏に行ったことがある人は今度は知らない街に行ってみましょう。例えば台北に行ったことがある人は今度は知らない街に行ってみるといいです。街の大きさに関わらず現地の人と触れ合うと新しい発見があります。

 

中国語を話せない人と一緒に中華圏に行く

中国語を話せない人と一緒に旅行すると刺激を感じます。昔の自分を見ているような感じになるかもしれません。「何が気になるか」「何がわからないか」がわかります。「この感覚を今は失っているのか」と気付くきっかけになります。

 

日本語を話せない中華圏の人と話す

日本語を話せない外国人と交流しているとお互いの強みと弱みが炙り出されていきます。「語学」「生活」「仕事」「趣味」「人生」など。どれも言葉は関係してくるのでいい勉強になります。

 

まとめ
新鮮さが無いときは刺激を見つける工夫をしてみましょう。


中国語単語メルマガ
詳細はこちら>>
無料メルマガ

 

1日10単語合計500単語配信します。号外もこちらから配信します。

TOPへ