スポーツと中国語の上達のコツは似ている

これまでスポーツ一筋だった人がメルマガで中国語を勉強しています。コメントが来たので紹介します。

 

スポーツ一筋はデメリットではなくメリットだと思いますよ。

 

 

口では中国語の勉強を頑張ると言いつつ、メルマガの単語を見ているだけの毎日…。電車通勤の時間が40分もあるのに、まだ20単語程度しか覚えられていない自分に腹が立ちながらも、なかなかやる気が出ません。

 

小学生から大学までスポーツ一本で生きてきたからと言い訳をして、勉強の仕方もよく分からず、勉強方法は以前号外で送られてきた勉強法を真似て、ピンインを調べてノートに書き写すだけです。。。

 

書いていて自分が情けなさすぎて胸糞悪い気分になりました。笑

 

弱音を吐くのは今日だけで終わりにします。プライベートでは今年が勝負だと思っているので、他の人を見習いながら自分も頑張ります。勉強はイマイチ手についていませんが、毎日のメール配信は楽しみです!いつもありがとうございます。


 

自分に対して厳しいコメントが多いですね。さすがスポーツ一筋です。

 

スポーツと中国語勉強の重なる部分があるので参考にしてみてください。

 

目標設定

スポーツだと目標設定が具体的だと思います。「優勝」「新記録」「タイム短縮」など。大会があるとタイムリミットも決まっています。いつまでもダラダラできません。これを中国語にも当てはめるとメキメキ上達しますよ。中国語の試合は必ずしも資格試験である必要はありません。タイムリミットがあればいいんです。コメントの中にも「今年が勝負」という文字がありますね。さすがです。

 

実践

スポーツの場合、試合で上達するという感覚があると思います。これは中国語の勉強にも言えることで実践の会話で上達します。スポーツの試合ほど緊張する必要はないのでどんどん実践していくといいと思います。

 

教える

部活の場合、毎年新入生が入ってくると思います。後輩がいたはずです。後輩にスポーツの「いろは」を教えたはずです。教えるつもりで中国語を勉強するとどんどん身につきます。スポーツと重ね合わせてみてください。きっとコツを発見するはずです。

 

スポーツを中国語の勉強に転用する3つの方法を書きました。参考にしてみてください。

 

中国語の勉強応援しています!


チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語

新鮮な中国語の動画と記事を配信!
五感を常に刺激
感覚刺激中国語



おすすめ記事9選
勉強
英検と中検の受験人口を比較
本屋にある中国語テキストの選び方
中国語の方言が気になるときはまずは分布図をチェック
仕事
リクルートの人に中国語転職状況を聞いてみた
あなたの強みを無料診断でチェック
台湾
鉄道で台湾一周旅行したときの話
台湾の「映画」「ドラマ」を見よう
読書
メルカリ読書術で中国語の勉強
漫画を読んで中国語の勉強に活かす方法

スポンサーリンク
TOPへ