中国語の勉強が自動車教習所と似ている3つのポイントとは

自動車教習所が中国語の勉強と似ている3つの項目

中国語のテキストは自動車教習所のステップに似ています。

 

ステップを踏むと車が運転できるように中国語のステップもテキストを勉強すると話せるようになります。

 

教習所と似ているポイント

勉強する順番が大事

 

ここでBMWが好きだからと言っていきなり車に乗ろうとしても危険です。中国語も台湾の中国語など憧れはあってもいいですが基礎が大事です。

 

教習所と似ているポイント

基礎が大事

 

教習所に行った人はわかると思いますが車の運転ができる人と教えることができる人は違うことがわかります。中国語の場合も中国語を話せるネイティブが全員教えることが上手かというと違います。教えることが上手な人を選びましょう。

 

教習所と似ているポイント

できる人と教える人は同じでは無い

自動車教習所が中国語の勉強と違うところ

教習所で合格してやっと道路で走り始めます。ここは中国語と違うところです。車は運転技術が無いと自分も相手も危険です。

 

しかし語学は危険は伴いません。なので中国語を話すのは免許不要です。どんどん最初から話していきましょう。

 

教習所と似てないポイント

中国語日常会話は免許不要

 

自動車教習所を卒業した後は

路上に出て自由に走れるようになってからいろんなことにこだわることができます。夢が可能になります。

 

行きたいところに行けるようになります。

 

  • どこに行きたい
  • どんな車に乗りたい
  • 誰と乗りたい

 

こんなことが可能になります。

 

中国語の勉強も教習所も基礎ができると

夢が可能になる

 

中国語も自由に話せるまでステップを踏むことをおすすめします。どのテキストも初級段階では内容は似たり寄ったりです。あとはやる気の問題です。継続できるかどうか。

 

継続が不安な人はメルマガ形式の習慣デザイン中国語の教材でリズムをつくるといいですよ。

 

参考記事:やる気を継続させる習慣デザイン中国語

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

中国語を勉強するメルマガ!
1日10単語合計500単語配信
無料メルマガ

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top