上海や台北に海外留学して中国語が上達する人としない人の違い

語学留学して上達する人としない人

上海や台北に語学留学する人が増えています。短期留学の人も長期留学の人もいます。ここで同じ留学でも上達する人としない人がいます。

 

どこが違うのか?

 

環境を変えると中国語が上手くなると思っています。これは間違いではないのですが、では環境を変えるとなぜ中国語が上手くなるのかわかっているかいないかで大きく差がついてきます。

 

これを知っていて上達する人もいます。知らないけど自然にできている人もいます。知らないから上達しない人もいます。

 

環境を変えるとなぜ中国語が上達するのかこれはこちらの記事にも書いたルールと罰則の関係が理由です。

 

中国語のルールを道路交通法と比較

 

留学して中国語が話せないと生活や授業に困って大変だと思う人と、なんとかなるさと思う人の違いです。「なんとかなるさ」という考えはとても重要な考えです。しかし使い方を間違うとこの中国語の上達のように上手く作用しません。

 

上達する人は自分にプレッシャーという罰則を与えています。しかし留学したとはいえプレッシャーを掛けるか掛けないかは自由です。罰則はありません。

 

1年間留学して中国語が上達しない人は「なんとかなるさ」と思っている人です。中国語は上達しませんが性格が穏やかですてきな人も多いです。

 

視点を多く持つとどれがいいかは人それぞれになります。なので目標をつくってそれに合った方法を選ぶのがいいと思います。

 

  1. 留学する
  2. 環境を変える
  3. プレッシャーを感じる
  4. 罰則をつくる
  5. 中国語を勉強する

 

留学して日本人とばかり話している人は1.で止まっています。海外留学して中国語が上達する人としない人の違いはこのステップを踏むかどうかです。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

中国語を勉強するメルマガ!
1日10単語合計500単語配信
無料メルマガ

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top