中国語検定1級が難しい3つの理由!主催者の気持ちになればわかる

中国語検定1級が難しい理由とは

中国語検定1級が難しい理由を分析しました。これがすべてではありませんが当たっている部分もあるはずです。

 

視点を主催者の気持ちに移行すると見えてきます。

 

大きな理由は3つ

 

合格率が一定

中国語検定の合格率はだいたい同じです。ということはこの合格率が決まりその後問題の難易度が決まっている気がします。

 

みんな合格したら差別化できない

合格率が高かったり、みんな合格したら中国語のレベルを差別化できません。中国語ができる人のトップ数%を示すものかもしれませんね。

 

他の級との比較も重要

準4級から順にステップアップしていくようにつくられています。他の級もだいたいの合格率が決まっています。

 

まとめ
これらのことを考えると中国語ができる人が増えれば中国語検定1級はさらに難しくなるはずです。そのときは中国語を話せるとは違う次元で問題が作成されるはずです。本屋で日本語検定1級の問題集を見てみてください。日本人で日本語が母国語の人でも難しいです。ポイントは検定試験を客観的に見れる能力です。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top