勝間和代のビジネスモデルを中国語の勉強に活かそう

勝間和代のビジネスモデルに中国語を当てはめる

以前の記事で勝間和代さんの本「最後の英語やり直し」について書きました。

 

中国語の勉強の断捨離に役立ちます。

 

そこで勝間和代さんのビジネスモデルについて考え中国語の勉強に活かすことを考えました。

 

ポイントは「~なのに~できる」です。

 

いつも言っている中国語と個性を組み合わせようという話と重要な部分は同じです。

 

勝間和代さんはこんな感じです。

 

  • 「女性」なのに「ビジネス」ができる
  • 「いい年齢」なのに「ダイエット」できる
  • 「落ちこぼれだった」のに「TOEICの点数が急上昇」できる

 

方程式の「~なのに~できる」にどんどん当てはまっていきます。

 

では中国語を勉強しているあなたはどう考えればいいのか。「できる」ところに中国語を入れればいいんです。

 

「~なのに中国語ができる」

 

最初の「~」の部分は人それぞれです。人それぞれということは個性です。

 

いろんな「~」を入れてみましょう。

 

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

中国語を勉強するメルマガ!
1日10単語合計500単語配信
無料メルマガ

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top