子供中国語のおすすめ教材は大人がまず話せるようになるのが近道

子供中国語のおすすめ教材は大人がまず話すこと

子供に中国語を習得してもらいたいと思っておすすめの学習教材を探している人はいませんか?

 

大人がまず話せるようになるのが近道です。

 

大人自ら教材になりましょう。

 

日本語(母国語)のように大人が教えたら子供も自然と興味を持ちます。

 

ここで問題が発生しますよね。

 

大人は中国語を全く話せない。。。

 

しかし子供に要求する前に大人が習得すべきです。しかし「そんなこと言われても難しそうだし時間も無いし」というパパママがたくさんいます。

 

そんな人におすすめなのが100語で話す上達実感中国語です。

 

30の項目を作業していきます。1項目10分も掛かりませんが、10分しっかりやったとして10分×30項目=300分(5時間)です。集中すれば1日で習得できます。これでレベルゼロの初心者が中国語で1分間自己紹介できるレベルまでなります。

 

この基礎を元に絵本を読み聞かせしていけばOKです。絵本は日本で販売してある「動物絵本」「くだもの絵本」「乗り物絵本」「abc絵本」などで大丈夫です。上達実感中国語では発音も習得できます。これを絵本で日本語を中国語にして子供と一緒に発音しましょう。

 

パパママが中国語を習得
子供に読み聞かせ
子供が自発的に中国語を習得

 

このいい流れができます。

 

大人も子供も同時に中国語を学べて一石二鳥です。

 

具体的には

  1. 100語で話す上達実感中国語で大人が勉強
  2. 大人が日本語の絵本に中国語を書き込む
  3. 子供と一緒に中国語を発音して楽しむ

 

今からは英語プラスの時代です。子供はこれをきっかけに中国語を勉強すると時代の波に乗れる能力が身に付きますよ。

 

もう1つのメリット

書店やネット販売を見ると、子供向け中国語教材は日本に少なく価格も高いものばかりなんですよね。

 

日本語の絵本に中国語を書き込むと種類も豊富で価格も安くおさえることができます。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top