外国語学習の必要と時間の関係

中国語の日常会話は問題ないという方からメッセージをいただきました。ある程度中国語を話せるようになると多くの人が感じることなので参考にしてみてください。

 

以下はメールの返信です。

 

こんにちは。

 

>ほぼ初めてメールします。いつも定期発信してくださりありがとうございます。問い合わせというか共感というかです。

 

メールありがとうございます。

 

>中国語を勉強する前は英語と韓国語を勉強していたのですが、最近は中国語の脳のしめる範囲が大きくなったのか、特に英語に関しては聞くことはできるのですが、話すとなるとなぜか口から中国語が出てきてしまいます。

 

わたしもYESと言いたいのに「対」と言ってしまうことがあります(笑)

 

参考記事:https://chugokugo888.com/kaiwa/entry514.html

 

>最初に中国語を勉強し始めたときに帰国子女(英語圏)の友人に日本人は特に中国語の影響力がすごいから英語がわからなくなるかもだけど、そのうち大丈夫になるよと言われたのに何年たっても同じです・・・。今は私の英語にかけた年月とお金を返してえ!と思う日々でしたが先生の記事を読んで共感できたので、メールしてみました。

 

外国語というよりもイメージで捉えると多言語が話しやすくなります。

 

参考記事:https://chugokugo888.com/kotsu/entry154.html

 

対処法はメールされた参考記事にも書いていた通り脳のスイッチを2つから3つ以上にすることです。

 

参考記事:https://chugokugo888.com/kuchikomi/entry346.html

 

わたしが感じる多言語を話すコツは「いいかげん」です。8カ国語話すシンガポール人もいいかげんでした。

 

参考記事:https://chugokugo888.com/singapore/entry240.html

 

参考記事:https://nihaoxiexie.link/singapore/tagengo.html

 

>日本人は特に中国語の影響力がすごいから英語がわからなくなるかもだけど、そのうち大丈夫になるよと言われたのに何年たっても同じです・・・。

 

この影響は気にしなくてもいいと思います。理由は何年経っても中国語を話せない日本人もいるし、日本語も英語も広東語も普通話も話すシンガポール人もいるからです。

 

しかしまわりを見ていると「中国語(音楽・映画・旅行・文化など)を好きになる」「英語を話す機会がない」この2つが重なり合うと英語が口から出にくくなります。確かに中国語を勉強する日本人はこういう環境になる人が多いですね。

 

これは英語に限ったことではありません。日本語の方言を使っていた地方から東京に行き数年生活をするととっさに方言が出にくくなるのと同じです。

 

ポイントはどこかというと「必要かどうか」ということです。

 

裏を返せば中国語も上達する近道は「必要にする」ことです。

 

必要×時間

 

この方程式で解決します。

 

中国語がつい口から出るのはそれはそれでいいと思いますよ。心の中の必要度が高いんだと思います。

 

外国語の勉強応援しています!


中国語単語メルマガ
詳細はこちら>>
無料メルマガ

 

1日10単語合計500単語配信します。号外もこちらから配信します。

TOPへ