中国語の会話の返しも日本語と同じ

中国語の会話の返しも日本語と同じキャッチボールです。何か特別なことを言う訳ではありません。

 

会話を聞いて次に出る言葉はこれのはずです。

 

  • 誰が
  • いつ
  • どこ
  • なぜ
  • どのように

 

これらのどれかを言っていると思います。

 

例えばこんな会話ですね。

 

「小籠包が美味しかった」「どこで食べたの?」

 

「台湾に行った」「誰と行ったの?」

 

「中国語を勉強している」「なぜ?」

 

もう気付いたかもしれませんがこれは英語で言う5W1Hです。5W1Hの中国語を言えるようになると会話のキャッチボールがスムーズにいきますよ。


チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語

新鮮な中国語の動画と記事を配信!
五感を常に刺激
感覚刺激中国語



おすすめ記事9選
勉強
英検と中検の受験人口を比較
本屋にある中国語テキストの選び方
中国語の方言が気になるときはまずは分布図をチェック
仕事
リクルートの人に中国語転職状況を聞いてみた
あなたの強みを無料診断でチェック
台湾
鉄道で台湾一周旅行したときの話
台湾の「映画」「ドラマ」を見よう
読書
メルカリ読書術で中国語の勉強
漫画を読んで中国語の勉強に活かす方法
TOPへ