香港で中国語は通じるのか?普通話の普及率は?旅行で撮った100枚の写真

香港で中国語は通じるのか?

中国語を勉強していない人は香港では中国語を話していると思っている人も多いです。その前に気にしていない人も多いですね。

 

中国語を勉強している人は気になっているでしょう。

 

実際に香港に行ったことがある人は聞こえてくる言語が普通話ではないことにも気付いたはずです。

 

現状としてこんな状況があります。

 

香港では多くの人が広東語を話している。
ビジネスの場面で英語を使う人も多い。
中国返還後急速に中国語(普通話)が普及している。

 

基本は広東語なんですがイギリスの植民地の名残もあり英語を話す人が多く、そして中国返還後急速に中国語が普及しています。ここでいう中国語は普通話(北京語)のことです。

 

こんな状況を実際この目で見ようと思い香港に行ったことがあります。

 

そしてそのときに香港人といろいろ話して「実際にどうなの?」ということを聞いてきました。香港人は日本で知り合いになった人や、そのときに新しく知り合った人もいます。

 

香港に住んでいる日本人にも話を聞きました。この人は英語と普通語を話すことができます。広東語は話せません。普段は香港人と英語で話していると言っていました。

 

実際に香港では普通語は通じることが多いです。しかし普段は広東語を話しています。

 

普通話の普及率は聞かれると、わたしが会った人はほとんど話すことができました。なので高い率になります。しかし主流ではありませんでした。

 

このとき撮った100枚の香港の写真をまとめました。中国語の勉強の視点でのコメントも書いています。文字数は1万字を越えています。

 

香港で撮った100枚の写真note

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

page top