中国語の発音に自信がなくて間違ったらいけないと思うのは非効率

中国語の発音は間違うほど効率的な学習になる

中国語の発音に自信がないというコメントをよくいただきます。

 

多くの人がこのパターンになります。

 

  1. 中国語の発音が自信がない
  2. 間違ったらいけないと思う
  3. 発音するときに小さな声もしくは発音しないようになる

 

考え方が行動を制御するパターンです。

 

これは本当にもったいないです。

 

発音の勉強からすると非効率的です。

 

仕事などで利益が左右される場面なら仕方ありません。

 

しかしまだその段階ではなく中国語を勉強中の人がほとんど。勉強しているときの話です。

 

ではどうやったらいいかというとこの3ステップです。

 

  1. 間違いを気にしない
  2. 大きな声で発音する
  3. 間違いを訂正する

 

この方が発音の勉強からすると効率的です。早く上達します。

 

どんどん発音してどんどん間違った方がおすすめです。

 

これは子供が言葉を覚えるときの「でんちゃ(電車)」「とうもろころし(とうもろこし)」の方法と同じ。

 

大きな声で何回も間違いましょう。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

中国語を勉強するメルマガ!
1日10単語合計500単語配信
無料メルマガ

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top