台湾巨匠傑作選2018!東京新宿の映画館で中国語を勉強しよう

台湾巨匠傑作選2018が新宿で開催

東京新宿の映画館で「台湾巨匠傑作選2018」が開催されます。

 

台湾映画好きにはおすすめの映画ばかりです。

 

味のある映画ばかりなので好みは分かれるはずです。ハリウッド映画を見るような気持ちで行くとと「ハズレた~」と思うかもしれません。

 

しかし「エドワードヤン」や「侯孝賢」の映画はそれとは違う魅力があります。特に長回しと呼ばれる撮影方法がわたしは好きです。

 

台湾の日常が見れていい作品ばかりですよ。

 

28本上映されるそうです。

 

期間は2018年4月末から6月中旬まで

 

詳細はこちら

 

この映画監督たちのことを知ることができる「台湾新電影時代」を見ると巨匠たちのつながりがわかりおすすめです。

 

どれを見ようか迷ったら「風櫃の少年」や「あの頃、君を追いかけた」がいいかも。「風櫃の少年」は澎湖諸島から高雄の大都会に行く少年を描いています。「あの頃、君を追いかけた」は甘酸っぱい台湾の青春恋愛ストーリー、主題歌がとても素敵です。

 

上記のサイトに28本の映画タイトルが書いてあります。

 

台湾映画なのでもちろん中国語です。(日本語字幕はあるはずですが)リスニングの勉強になりますね。

 

東京新宿の映画館で中国語を映像とともに勉強しよう!

 

自宅で映画を見る人はこちらも参考にどうぞ

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

page top