YouTubeで中国語動画を見て単語をメモする勉強方法を実践報告

Mさんからの中国語動画を使った勉強の実践報告

YouTubeで中国語動画を見て単語をメモする勉強方法を実践したそうです。

 

前回の内容

 

ブログやメルマガに書いていることを実践すると上達します。

 

どれを優先して行動するかが次の課題になってきますが、実践したものは身に付いているはずです。

 

Mさんの動画で中国語を勉強した実践報告です。

 

Mさんからの実践報告

 

教えてもらったとおり、動画で気になった単語をメモしているんですが「あ、この単語はあの場面で出てきたものだ」とかイメージが沸くんですよね。

 

キクタンで単語をやってましたが、こういう経験はほとんどなかったのでイメージが沸くということに、ビックリしています。


 

興味のあること
興味のないこと

 

イメージできること
イメージできないこと

 

この二つの選択は中国語を勉強する以前の問題で、中国語の勉強の問題ではないんですが、ここをスルーして「興味のないこと」「イメージできないこと」で勉強する人がたくさんいます。「中国語が難しい!」という以前の問題ですね。

 

ぜひここを整理してみて「興味のあること」「イメージできること」で勉強してみてください。もしくは何の変哲もない教材を「興味のあること」「イメージできること」に変えてみてください。資格試験は後者ができる人がいい点数を獲得します。

 

ネイティブとの会話はこの二つの「興味のあること」「イメージできること」が自然とできるので本当におすすめですよ。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

page top