中国の小説「三体」が日本上陸

中国の小説「三体」が早川書房から日本語版が発売されました。

 

内容はSF小説です。

 

この小説のすごいところはなんと2100万部も売れているところです。

 

日本の出版業界では10万部でベストセラーと言われます。

 

2100万部がどれだけすごいかわかります。

 

日本の人口と中国の人口は10~20倍です。しかしこの10万部を軸に考えると210倍になります。

 

本のタイトル:三体
著者:劉慈欣
日本での出版社:早川書房
日本語版の発売日:2019年7月4日

 

中国語版も気になりますね。

 

でもまずは日本語版を読んでみるといいと思います。

 

日本語版のAmazonの説明を読むと448ページもあります。日本語版で読むのも時間が掛かりそうですね。

 

ここで活躍するのが速読です。

 

関連記事:速読できるようになるには

 

小説「三体」は世界の著名人たちも絶賛しています。例えばアメリカの前大統領のオバマ、facebookのザッカーバーグなど。この人たちが絶賛するとなると本物ですね。英語にも翻訳されています。

 

三体の情報をまとめるとこうなります。

 

累計2100万部を突破
世界の著名人が絶賛
(やっと)日本語版発売

中国での発売は2008年。英語翻訳版の発売は2014年。

 

興味のある人は読んでみてください。

 

舞台は中国、登場人物も中国人、中国語の勉強にもつながりますよ。


中国語単語メルマガ
詳細はこちら>>
無料メルマガ

 

1日10単語合計500単語配信します。号外もこちらから配信します。


現在のイチオシ!中国語勉強方法

中国語方言

速読

TOPへ