本で中国語の勉強

一般書で中国語の勉強!関係ない本も視点しだいで結びくつ記事一覧

中国語を勉強する前から読んでいた本です。鈴木孝夫(著)「ことばと文化」。言葉が好きな人におすすめの一冊です。ちなみに鈴木孝夫さんは大正生まれの方です。ことばと文化鈴木孝夫(著)岩波新書この本を読んでこう思ったことを覚えています。なんでお兄さんやお父さんは代名詞で呼んで弟は「おい弟!」と言わないのか。呼ぶときに年上は代名詞でよく年下は代名詞で呼びません。こんなことを言葉と文化の面から書いてあります。...

中国語の勉強が継続しない。中国語の勉強のやる気が出ない。中国語の勉強に挫折しました。再挑戦です。こんなメールやコメントが来ます。本来は中国語の問題ではないのですが、この漫画を読むとやる気が出るのではないかと思い紹介します。アメトーークの漫画芸人の回で麒麟の川島さんも「この漫画イチオシです!」と言っていました。本当にいい漫画です。男性コミックですが女子にもおすすめです。漫画BLUE GIANTどんな...

本屋に行くと集中力の雑誌がありました。雑誌の表紙にも「超」がついていたので記事のタイトルにも超集中力とつけました。日経ビジネス Associe (アソシエ)2017年 09月号 [雑誌]いいことが書いてあるので本屋に行ったらパラパラ読んでみてください。中国語の勉強の集中力にも応用できます。パラパラ読んだら疑問が浮かんでくると思います。「いいこと書いてあるけど、どうやればいいの?時間も無いし。。。」...

繁体字を勉強したいというコメントが多くきます。台湾好きな人が多いようです。わたしも台湾が好きなので類友の法則で集まってくるようです。繁体字のテキストは無いですか?とよく聞かれます。本屋に行っても良さそうなテキストがなかなかありません。こちらに繁体字勉強法のアイデアを書きました。そのあとに本屋の中国語テキストではない旅行ガイドブックのコーナーをうろうろしていたらいいテキストが見つかりました。有名な旅...

中国語を勉強している人の中にはこんな人がいます。繁体字が好き漢字が好き言葉遊びが好き実はわたしもそうです。繁体字が好きで、漢字が好きです。旧字体の辞書や本も持っています。言葉遊びも好きです。深みに入り過ぎると中国語の勉強とは離れていくので、中国語の勉強をしているときは趣味程度に楽しんでいます。そこでそんな人におすすめがあります。舟を編むすでに小説もあり映画にもなったものです。本屋に行くと漫画になっ...

雑誌Hanako2017年9/14号の特集はシンガポール。雑誌の表紙には珍しくシンガポールの写真が掲載されていました。台湾の特集はよく見るけどシンガポールの特集は久しぶりのような気がします。写真はホーカーです。ホーカーとはフードコートのこと。シンガポールには街のあちこちにホーカーがあり各国料理を食べることができます。写真は有名で大きなホーカーです。行ったことあります。雑誌でモチベーションを上げるの...

こんな人におすすめの中国語単語表があります。台湾が好き台湾でグルメ三昧したい中国語初心者メルマガ登録のときの興味ある場所には台湾にチェックが多く入っています。人気の場所です。わたしも台湾が大好きです。中国語レベルは自己申告制なんですがゼロ初心者も多くいます。中国語の興味よりも先に台湾への興味が先に湧いた人たちです。中国語を勉強を継続するにはこの興味がすごく大事になっていきます。そんなことを考えなが...

本屋に行くと雑誌プレジデントが平積みでありました。その表紙のタイトルには「猛スピード勉強法」と書いてあったのでさっそく読むことにしました。このサイトを見ている中国語を勉強している人にもすごく役立つ内容です。例えばこんな項目がありました。突然の海外赴任辞令、そのときどうするか年を取って頭がよくなる! 外山滋比古の〝遅咲き〞知的生活などなど目次だけでもワクワクします。きっと勉強のヒントになるはずです。...

書店に行くと勝間和代さんの本がたくさん並んでいるので知っている人も多いと思います。ビジネスだけでなく英語の勉強法に関する本も出しています。この「最後の英語やり直し」という本を読んでこれは中国語の勉強にも役立つなと思いました。同じ語学なので共通点があります。英語も中国語も勉強しようとしたらあれもこれもやることがいっぱいでその情報量に心が押しつぶされそうになります。そこで断捨離が得意な勝間和代さんの英...

本屋に行くとモチベーションを特集した雑誌がありました。雑誌THE21特集:やる気を引き出す20のコツ以前も雑誌プレジデントで似たようなやる気の特集が組まれていました。秋はそんな時期なのかもしれませんね。これを読んで中国語を勉強してみましょう。記事に書いたことと似たようなことも書いてありました。やはりやる気があるとかないではなく自在に操ることが重要なようです。

キングコング西野亮廣さんの革命のファンファーレの本が本屋に行くと並んでいました。とても人気なようで書店ランキングでも上位でした。人気ぶりはタイトルにハッシュタグをつけてtwitterやInstagramで検索するとたくさん出てきます。#革命のファンファーレ幅広い年齢層と業界の人が読んでいます。わたしもさっそくキンコン西野さんの本を読んでみました。いい内容でした。ここでネタバレしてもしょうがないので...

独学力特集をやっている雑誌がありました。週刊ダイヤモンドです。本屋に行くと文字が目に飛び込んできました。内容を読むと独学力が必要な時代になっているというのがポイントだと思いました。これは同感です。いろんな安定が崩れている中で頼れるのは自分の脳です。その脳を鍛えるために独学力は必要不可欠です。だから大人になってわたしも中国語を勉強しようと思いました。始めたのは数年前ですがこの傾向は年々強くなることで...

川上浩司さん「京大式DEEP THINKING」という本を読みました。中国語の勉強に活かせると思ったので紹介します。川上さんは京都大学の入学試験の問題も作成している人です。本の最初に入学試験で成績がいいことは偏差値が高いことになります。しかし偏差値が高いことが頭の良さと同じではないと言っています。ではどうすれば頭が良くなるのか?これがわたしが日頃ブログやメルマガで書いている内容とよく似ています。頭...

雑誌プレジデントの特集は「話が面白い人入門」です。パラパラ読んでいると中国語会話にも役立つ情報があります。直接中国語とは関係あることは書いてありませんが、語学で面白いことを言えるというのは大いにプラスになります。なのでこの号の特集はおすすめです。はとバスガイドが教える「外国人に鉄板でウケる日本ネタ」目次には上記の項目もあります。ネタをすでに用意しておく大事さもわかります。視点を変えて勉強するとここ...

アマゾンプライムのキャンペーン情報です。激安ですよ。Kindle Unlimitedが読み放題で2カ月99円です。何がどうなっているのか不思議な価格ですよね。でもamazonなので安心ですね。これで中国語関連本をガンガン読むことができますよ。アマゾンプライム会員になっている人だけの価格です。しかしアマゾンプライムも安いんですよね。映画が見れて月額400円、年払いすると月額325円です。月1回レンタ...

ブログでは表面的には中国語と関係ないことでも視点を変えれば中国語に役立つことを説明を加え紹介しています。これは中国語と関係ない本でも同じことが言えます。これまでもいろんな本を紹介してきました。今日紹介するのはこちら「英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる!」奥村美里(著)サブタイトル(本の表紙)には「英会話は、言い換えが9割。」と書いてあります。こちらのメインサイトやブログで言っているこ...

中国語関連本をアマゾンキンドルアンリミテッド読み放題で選ぶ方法を紹介します。これがわかりにくいんですよね(笑)すべての本が読み放題と思いきや、すべて読み放題なわけではありません。¥0 Kindle Unlimitedこの表示があるのを確認しなければいけません。この表示を確認すれば読み放題で読むことができます。アマゾンのサイドバーのココをチェックしましょう。Kindleストア>Kindle Unli...

新井一二三さんの「中国語はおもしろい」という新書を知っていますか?まだ読んだことが無い人は読んでみてください。やる気アップしますよ。アジア圏のことや華僑のことも書いてあります。「中国語を話せるとこんなに楽しいよ」という内容です。まずは目次を見ることをおすすめします。わくわくしますよ。

中国語を勉強している人で鉄道おたくの「鉄子さん」はいませんか?わたしのまわりのは中国語は勉強していないけど鉄子さん(女子)はたくさんいます。もしもこのブログやメルマガを読んでいる人で鉄子さんがいたらアジアへ行きましょう。アジアで鉄道に乗るなんて不安だわこんな人におすすめの本があります。女性が書いた本なのでピッタリだと思いますますよ。読んでいると「いつか行きたい」が「すぐに行きたい」に変わるかもしれ...

中国語を活かした仕事をしたい人におすすめの本があります。染谷昌利さんの新刊「複業のトリセツ」です。タイトル:複業のトリセツ著者:染谷昌利出版社:DMM PUBLISHING中国語を活かして副業をしたい人はいると思います。副業:サブ的な仕事複業:複数の仕事中国語を活かした仕事も「複業」でいいんじゃないかと思います。そしてそのコツは中国語の勉強を仕上げてから仕事にするのではなく、仕事にしながら中国語力...

書籍「英単語の語源図鑑」清水建二(著)が人気です。日本テレビのヒルナンデスでも紹介されました。英語が得意な人はこれを軸に中国語を勉強するのも1つのいい方法です。この本の帯には「100の語源で1万語が身につく」と書いてあります。まずは100の語源がどんなものがあるかチェックしましょう。次に同じ語源の英単語を中国語にしていきます。ここで発見があるはずです。同じ語源だと同じ漢字が使われる可能性が高いです...

2018.10.26発売の雑誌Hanako最新号は香港特集です。タイトル:香港すべてが叶う街写真がきれいですよ。行ったことがあるところも載っていました。中国語を勉強している人におすすめです。時代に揺れ動く香港。「あのとき行っておけばよかった」と思わないように行きたくなったら今行きましょう。今の香港は今しかないんです。香港はグルメも美味しいですよ。香港に行くときはワールドワイドなチェーン店は避けて香...

西野亮廣さんの2018年の秋の新刊「新世界」を読みました。感想は中国語の勉強にも役立つと感じました。中国語のことは書いていないけど「価値の転換」のことがよくわかります。新しい価値の発見新しい価値のつなげ方新しい価値の活かし方この上記の「価値」を「中国語の能力」に変えてみてください。新しい「中国語の能力」の発見新しい「中国語の能力」のつなげ方新しい「中国語の能力」の活かし方わくわくして来ますよね。本...

おすすめの本があります。タイトル:未来の働き方を考えよう著者:ちきりん出版社:文集文庫中国語のことは書いてありません。しかしすごく重要なことが書いてあります。この前会った人に「中国語を話せると食いっぱぐれないね」と言われました。そして違和感を感じました。中国語を話せることはいいことだし、プラスになることだけどそれだけではお金は稼げません。実際に検定試験で難関とされる「級」に合格しても仕事を見つける...

page top