中国語教室にはできない間隔が感覚を刺激

中国語教室にはできない間隔が感覚を刺激する「感覚刺激中国語」。

 

何が違うかというとこれです。

 

頻度

 

勉強を日常にセットしましょう。

 

自分でセットすることもできますが、三日坊主で終わる人も多いはず。講座は「坊主逃れ」にもなります。

 

これを中国語教室がやろうとするとこんな障壁があります。

中国語教室が感じる障壁

忙しすぎる

これをやると時間を取られます。中国語の知識だけでなくインターネットの知識も必要です。すべてをやろうとすると忙しすぎるはずです。

 

授業との料金のバランスが変になる

授業との料金を比較するとバランスが崩れるはずです。わざわざ経営バランスを崩すことを中国語教室はやりません。

 

ネイティブ先生では日本人の感覚に焦点を合わせにくい

日本に長年住んでいるネイティブ先生がこう言っていました。「最近の流行の歌はわからないわ~」と。日本に長く住んでいると日本の流行に敏感になりますが中華圏の今には疎くなります。留学生も日本に興味を持って来日しているので興味の中心は日本。逆に日本人のわたしより京都に詳しい外国人はたくさんいます。折口信夫(民族学者)が言う「マレビト」の感覚です。中心にずっといるのではなく思考も行動も行ったり来たりすると見えてくるものがあります。

 

関連記事:中国語教室ができないことに挑戦する感覚刺激中国語


チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語

新鮮な中国語の動画と記事を配信!
五感を常に刺激
感覚刺激中国語

TOPへ