中国語のコツ!新しい言葉を話すのに大人は過去を子供は未来を向く

中国語を話すシンプルなコツ

言葉は簡単でなければ子供は話すことができるようになりません。新しい言葉を話すとき大人は経験が邪魔している場合が多いんですよね。

 

大人の場合

大人はこれまでの過去の経験で中国語の発音をするときに「間違ったらどうしよう」と思う人が多いです。この心理の奥には「間違ったら恥ずかしい」という気持ちがあります。

 

  1. 過去の体験(他人の例も含む)
  2. 経験が邪魔をする
  3. 会話にブレーキが掛かる

 

子供の場合

子供の場合は過去なんて気にしていません。「これがしたい」「これが食べたい」「これをやりたくない」と未来を向いています。そして全力で言葉を発します。気持ちのアクセルが全開です。

 

  1. 過去なんて気にしていない
  2. 未来を向いている
  3. 会話が加速する

 

大人も未来を向く気持ちが大事

上達実感中国語は子供の会話のシンプルさを活かした内容です。あとはこれに気持ちを乗せるだけです。大人も未来を向いて会話をしましょう。気持ちの内容は人それぞれです。このそれぞれの内容にも対応できるシンプルさを持っています。

 

参考記事:上達実感中国語の記事一覧

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top