100語で話す上達実感中国語で自己主張する方法を習得しよう

100語で話す上達実感中国語で自己主張しよう

中国語を話すときは「空気を読む」とか「あうんの呼吸」はひとまず考えないようにしましょう。ただでさえまだ完璧ではない外国語を話す場面では空気はなかなか読めません。

 

それではどうするか?

 

自己主張です。いいことも悪いこともズバッと言いましょう。

 

わたしは中国語を話すときに日本語よりも素直になれます。「可愛いですね」とストレートに言うことができます。相手の反応もモヤモヤせずストレートに返ってくるのでいいですよ。

 

これはミニマリストしぶさんの本のこの項目と共感する部分があります。

 

関連記事:ミニマリストの本と共感したトピック5選

 

「なにが嫌いか」をはっきりさせる

 

ミニマリストしぶ5

 

本を読むと好きをはっきりさせるために嫌いもはっきりさせると書いてあります。

 

とてもいい考え方です。

 

100語で話す上達実感中国語で「好き」も「嫌い」も言えるようになりますよ。ぜひ会話でどんどん言ってみてください。

チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語
page top